2015年02月21日

グリップがぼろぼろになるのは

特にすぐにボロボロになるのは

力が入りすぎているということだ!!


力を抜け

とにかく力が抜けていないといい球は打てない






ソフトテニス 基本と戦術 (PERFECT LESSON BOOK) -
ソフトテニス 基本と戦術 (PERFECT LESSON BOOK) - 1日1回応援の1クリックをお願いします→にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ
にほんブログ村
posted by Mitch at 22:17 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | グリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

面がぶれる!

面がぶれる人は

ちょっとグリップを太くしてみてください

それだけで面は安定してきます


グリップは手とフィットする大切な部分ですので

自分に合うグリップを見つけてください!




「グリップは太いほうがいいと」

http://06091114.seesaa.net/article/254079793.html


「グリップを太くする!!」

http://06091114.seesaa.net/article/405628246.html







8つの攻撃パターンと3つのカンでゲームを支配する!〜1本をとるための戦術と戦略〜[DVD番号 541] - ジャパンライム
8つの攻撃パターンと3つのカンでゲームを支配する!〜1本をとるための戦術と戦略〜[DVD番号 541] - ジャパンライム
タグ: グリップ
1日1回応援の1クリックをお願いします→にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ
にほんブログ村
posted by Mitch at 18:47 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | グリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

元グリップを取る?

私は元グリップを取りません

その上にウエットグリップを捲きますから

グリップの太さ手の感覚

これが一番重要だと思います

グリップの太さが変わればラケットへの力の伝わり方が変わりますし

手の感覚が変われば安定感がかわってきます


自分に合ったグリップを早く掴むことです





熱中!ソフトテニス部 24号 練習試合効果MAX計画(B・B MOOK 1080) -
熱中!ソフトテニス部 24号 練習試合効果MAX計画(B・B MOOK 1080) - 1日1回応援の1クリックをお願いします→にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ
にほんブログ村
posted by Mitch at 18:21 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | グリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

グリップを太くする!!

よく握り方がずれていく人がいます

特に女性

力がないためどんどんイースタンでなくウエスタンにずれていきます


そうならないためには

グリップは太く!!

慣れてきてから細くすればいいんです


「安定感ばっちり!!」

http://06091114.seesaa.net/article/255015144.html




熱中!ソフトテニス部 24号 (B・B MOOK 1080) -
熱中!ソフトテニス部 24号 (B・B MOOK 1080) -
タグ:グリップ
1日1回応援の1クリックをお願いします→にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ
にほんブログ村
posted by Mitch at 19:33 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | グリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

握り方からボレーを考える!

普通のウエスタングリップについては説明はいらないと思います

今日は極端なウエスタングリップとイースタングリップでのボレーについてお話しましょう

極端なウエスタングリップ

フォアボレー

縦面は作りにくいです

基本横面です

バックボレー

縦面にはなりくい

しかし、親指で押さえるため、面が崩れにくいです


フォアもバックも縦面は作れるのですが、球を中へはもっていきにくいです

縦面を瞬時につくると球は基本的に外へいきます


イースタングリップ

フォアボレー

縦面は作りやすく中に球はいきやすい

外へはまずいかない

横面は作りにくい

バックボレー

まず横面でとることはできない

縦面でとっても球が中にいくことはない

むしろ裏面でとるくらいしかできない


こういうことを知っていればプレーの幅がすごく広がってきますよね


ただ打つだけ、相手のミスを待つだけというテニスでは面白くないですよね

知っていればポイントもとりやすいし、フォローも行きやすい

知っていて損はないよね



次を参考にしてください

「仕留める」

http://06091114.seesaa.net/article/107694654.html





ソフトテニス前衛バイブル (レベルアップシリーズ) [単行本] / 金治 義昭 (著); ベー...
ソフトテニス前衛バイブル (レベルアップシリーズ) [単行本] / 金治 義昭 (著); ベースボールマガジン社 (刊)
1日1回応援の1クリックをお願いします→にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ
にほんブログ村
posted by Mitch at 20:34 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | グリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引