2017年07月19日

高さをつけ深い球を打つ!

高さのついた球ならミスはない

ネットにかけないから相手が触ってミスする可能性もある


深い球なら前衛も後衛も次に勝負をかけやすい


ということで

高さをつけ深い球を打つ!


高さをつけて深い球をもっていけば

相手は後ろに下がる


トップで打ってきても

自分のところに来る時には

球のスピードは遅くなる



「高速ロブを打つには」

http://06091114.seesaa.net/article/420849340.html





Calflex(カルフレックス) テニストレーナー・連続 CT-011 -
Calflex(カルフレックス) テニストレーナー・連続 CT-011 - 1日1回応援の1クリックをお願いします→にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ
にほんブログ村
posted by Mitch at 22:21 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ストローク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

深く高〜〜〜いロブは返しにくい

深く高〜〜〜いロブは返しにくい

しかもフラットでベースラインから1メートル以内に落ちれば

なかなかシュートで返しにくい


しかも前衛が見えたらなおさら難しい


この深く高〜〜〜いロブを活用すれば

自分から力を抑えて勝つことができる



「フラットの深いロブは有効!!」

http://06091114.seesaa.net/article/441843869.html




DVDブック これで完ぺき!ソフトテニス -
DVDブック これで完ぺき!ソフトテニス -
タグ:ロブ
1日1回応援の1クリックをお願いします→にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ
にほんブログ村
posted by Mitch at 22:57 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ストローク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

相手にコースを読まれないためには

相手にコースを読まれないためには

肩を入れる!!

肩を入れるとは

右利きのフォアであれば左肩を相手側のセンターマークに合わせるということだ

それにより相手にコースを読まれなくなる!



「いつも同じフォーム!!」

http://06091114.seesaa.net/article/443467216.html





差がつく練習法 ソフトテニス―高田商業の勝負強さを磨く練習法 後衛編 -
差がつく練習法 ソフトテニス―高田商業の勝負強さを磨く練習法 後衛編 - 1日1回応援の1クリックをお願いします→にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ
にほんブログ村
posted by Mitch at 19:16 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ストローク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

ストローク面は真っ直ぐに!!

こねたりしているとうまくならない!

ボールがどこに飛ぶかわからなくなる!


そこで

ストローク面は真っ直ぐに!!


これがしっかりとしていると

追い風であっても

雨が降っていても

綺麗な球筋で打てる!!




「布団たたき!!」

http://06091114.seesaa.net/article/104950934.html





最新版 ソフトテニス指導教本―DVD BOOK(公財)日本ソフトテニス連盟公認 -
最新版 ソフトテニス指導教本―DVD BOOK(公財)日本ソフトテニス連盟公認 - 1日1回応援の1クリックをお願いします→にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ
にほんブログ村
posted by Mitch at 21:02 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ストローク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

バックの基本の打点は

バックの基本の打点は

引っぱりが基本で

低く

右足より前


(右利きの場合)





ソフトテニス後衛バイブル (レベルアップシリーズ) -
ソフトテニス後衛バイブル (レベルアップシリーズ) - 1日1回応援の1クリックをお願いします→にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ
にほんブログ村
posted by Mitch at 23:57 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ストローク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引