2017年01月10日

サッカー青森山田高校に学ぶ!!

全国高校サッカー選手権大会で青森山田高校を日本一に導いた黒田剛監督は次のように語っている。

教育者として「心技体の心の部分に5〜6割は(重点を)置いた方がいい。技術や体力のある、うまいだけの選手が世界で活躍できるかと言えばそうではない。心技体の心を作る教育を心掛けている」と指摘する。

 選手たちの“変化”を見逃さない。「毎日、姿や表情が変わる。微妙な表情(の変化)を見て、軌道修正しないと。チームとしてガタッとなってからでは遅い。子供たちの寝ぐせは注意しますよ。やる気を感じないですから。1人の寝ぐせがチーム全体にどういう影響を与えるか、細かく(指導を)やっていく。全国優勝を狙うなら、すごく細かいことを話さないといけないですから」。サッカーに勝つための教育が、監督生活22年で実った。


ここまで細かい指導は皆さんできているだろうか?

ここでも「心の乱れ」についてよく述べてきたが

日本一をとるにはそこまで細かくしなければならないのか

ということがわかったはずだ


細かく細かく指導者は指導していき

選手はその細かいことを意識してやっていかなければならない



「心が乱れていないか?」

http://06091114.seesaa.net/article/444256448.html




ナロさん の「 ソフトテニス ・ ドリル 60連発 」〜 選手 たちだけでできる アイディア ドリル 集 〜 [ ソフトテニス DVD 番号 847 ] -
ナロさん の「 ソフトテニス ・ ドリル 60連発 」〜 選手 たちだけでできる アイディア ドリル 集 〜 [ ソフトテニス DVD 番号 847 ] -
posted by Mitch at 20:47 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引