2016年04月03日

サービスゲームをキープしたいなら

サービスゲームをキープしたいなら

ファーストサービスの入る確率を上げる!!



後衛がファーストサービスを入れてくれないと

前衛は攻めることができません

アタックなんて取れたらラッキーぐらいです

アタックは攻めではなく守りですからポイントをとりにいくものではありません


相手からすればセカンドレシーブは攻めです!

どんどん攻めてきます

ツイストもしやすいです!


と考えれば

ファーストサービスの重要性がわかると思います




「ソフトテニスは確率のスポーツ!!」

http://06091114.seesaa.net/article/429777723.html


「ファーストサービスのどんだけ〜〜〜」

http://06091114.seesaa.net/article/122092106.html





熱中!ソフトテニス部 vol.34―中学部活応援マガジン この本が、新入生のコーチになる!5大基本おさらい&レベルアッ (B・B MOOK 1287) -
熱中!ソフトテニス部 vol.34―中学部活応援マガジン この本が、新入生のコーチになる!5大基本おさらい&レベルアッ (B・B MOOK 1287) -
posted by Mitch at 19:01 | 岡山 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
教えてください。
サーブを打った直後の相手のレシーブを受ける姿勢はどのようにとればよいのでしょうか?
自分の打ったサービスを1バウンドまで見るようにブログにありますが、そこからどのように待球姿勢をとればよいでしょうか?特にジャンプサーブや右足がサーブを打ち終わった後左足より前に出していくサーブの場合、構えるのが遅くなって
サーブレシーブミスをする事がよくあります。
サーブ直後のレシーブで気をつけるべき点を教えてください。
Posted by toshipons0905 at 2017年10月10日 13:23
打った後はすぐに待球姿勢をとればいいのです

打ったらすぐです!!

打ちながらではサーブをミスするもとになってしまいますので

自分の打ったサーブが相手の打ちやすいところだと自分が苦しむだけです

だから基本は相手のバック側です

もし相手の振りが速ければ

ネットを越えるときにはもうラケットを引いておくべきですね
Posted by Mitch at 2017年10月10日 22:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引