2016年01月07日

制約があるから…

「制約があるからアイディアと工夫が生まれる」

サッカーで強豪の國學院久我山高校は朝練、自主練をしていない

野球部と半面を分け合うグラウンドで部員は200人以上のすし詰め状態

登校ルートも男女で分けられていて、18時10分完全下校、校則はとにかく厳しい

勉強時間も必要とされ文武両道の学校なのだ


様々な制約について李済華総監督は次のように話している

「制約があるからアイディアと工夫が生まれるんです。

 制約があることで創造性も出てくる。

  逆に、制約のないところで創造性は出てこないと思いますよ」



どうだろう?君の学校やチームは

何か恵まれていないかい?


中には今ではオムニコートがあったりするところもあるだろう

クレーコートであれば草抜きやローラーを使ったコート整備もしなければならない

しかし、これも考え方によってはトレーニングである

考え方で同じことでも全然変わってくる


今の現状から工夫すること、考えることが大切だ!





「人生・仕事の結果」

http://06091114.seesaa.net/article/384413258.html



「なければ・・・」

http://06091114.seesaa.net/article/172855467.html





Calflex(カルフレックス) テニストレーナー・連続 CT-011 -
Calflex(カルフレックス) テニストレーナー・連続 CT-011 -
posted by Mitch at 20:17 | 岡山 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ラリー中に自分がボールを打つことに集中して、相手の細かい動きをなかなか見ることができません。
そのため、打ってから「あそこに打てば良かった」とか、「なぜロブにしなかったんだろう」などと後悔します。
どうすれば、相手の細かい動きをちゃんと見て打てるでしょうか?
Posted by 都井 at 2016年01月07日 23:35
頭の中をつなぐぞということにすれば相手の動きは見えます

それでもとられることはよくあります

しかし、相手の動きがそれで見えているわけですからフォローもしやすいですよね

とられても気にしないことです

次のプレーに影響しないように!
Posted by Mitch at 2016年01月08日 07:05
ありがとうございます!
Posted by 都井 at 2016年01月08日 18:26
いつでも質問してくださいね
Posted by Mitch at 2016年01月08日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
熨斗と水引