2013年05月18日

スコアシートとビデオ併用

スコアシートではなく

自分のプレーをビデオにでも撮って

客観的に見たらいいのではないか…


しかしスコアシートのいいところはゲームの流れが一目でわかる

どのカウントでどの場面で何をしたかということが


しかしプレーの事細かな内容はビデオに撮っておくと良い


スコアシートとビデオの併用がベストと言いたい







熱中!ソフトテニス部 vol.15―中学部活応援マガジン コートに生きるトレーニング!●注目高...
熱中!ソフトテニス部 vol.15―中学部活応援マガジン コートに生きるトレーニング!●注目高校部活・徹底紹介 (B・B MOOK 888 スポーツシリーズ NO. 758) [ムック] / ベースボール・マガジン社 (刊)
posted by Mitch at 23:24 | 岡山 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前衛です。
いつもストロークを縦面で打っていることが多いのですが、
横面でドライブをかけてストロークするにはどういう練習をしたらいいですか?
今までテイクバックを早くかつ高くして、打点を高くして打とうとしているのですがなかなかうまくいきません。
縦面だけだとどうしても前衛につかまりやすく、コースの打ち分けも試合の緊張などでぶれやすくミドルに寄ってしまうことが多いです。
アドバイスお願いします。
Posted by たうそ at 2013年05月19日 17:52
基本的にはフラットでしっかり打つことを意識してください

また100%打つことはほとんどないでしょう

打った後いかに速くポジションに着いているかが大切だからです

ある程度高さを加えて深い球を打つことをお薦めします

その方が前に速く着きやすいですし、相手もシュートよりも打ちにくいからです


さて、ドライブをかけるのはフラットの面からこねるのではなく、上に振りあげれば自ずとドライブはかかります

フラットでも前回転はかかっているのですが
それ以上に前回転がかかっているのがドライブです
Posted by Mitch at 2013年05月19日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引