2013年01月20日

勝つには

勝つ攻め方がある

勝つには勝つ要素がある

勝つには攻めのバリエーションがある

勝つにはミスを少なくする

勝つには勢いがある

勝つには運がいる



全て当たり前なんだけどね




熱中!ソフトテニス部 vol.14―中学部活応援マガジン ひきだせ!潜在能力 (B・B MOO...
熱中!ソフトテニス部 vol.14―中学部活応援マガジン ひきだせ!潜在能力 (B・B MOOK 864 スポーツシリーズ NO. 734) [ムック] / ベースボール・マガジン社 (刊)
posted by Mitch at 18:22 | 岡山 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぼくは中1男子です。
中学になって部活でソフトテニスを始めました。後衛をやっています。
今は粘ってコースを狙い相手を崩していくプレースタイルでやっています。

試合をしていると、ペアがミスを重ねても盛り上げて頑張っていけるのですが、自分のミスが重なってくると、どうしてもイライラしてしまい力が入って、どんどん調子が崩れていってしまう時があります。

そんなときの対処法があれば教えてください。
どんなことを考えればいいですか?
自分では落ち着いて!と思うのですが、うまく気持ちが切り替えることができません・・・
よろしくお願いします。
Posted by たま at 2013年01月26日 11:28
ミスは誰でもします

2人で1ポイントをとるのです

後衛の仕事は3本続ければひとまずは終わりです

同じミスでもネットにかけるよりもアウトの方が良いです

逃げてのミスより攻めていってのミスの方が良いです

相手にボレーされてもスマッシュされても同じ1ポイント!!

こう考えるとすごく楽じゃありませんか?
Posted by Mitch at 2013年01月26日 19:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
熨斗と水引