2012年08月05日

配置転換

後衛向き、前衛向きなどいろいろありますが

それぞれが力を発揮できるようなところに指導者は持っていくべきです

雁行陣が得意な者

ダブル後衛が得意な者

ダブル前衛が得意な者


状況によって変幻自在なフォーメーションでいく者など

いろいろと考えていくとバリエーションも増えてきます





ソフトテニス超グレードアップ・レッスン―勝つための「技術&フォーム&戦略」 (B・B MOOK...ソフトテニス超グレードアップ・レッスン―勝つための「技術&フォーム&戦略」 (B・B MOOK 796 スポーツシリーズ NO. 666) [ムック] / ベースボール・マガジン社 (刊)
posted by Mitch at 22:56 | 岡山 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


こんにちは
いつも拝見させていただいてます。
質問ですが、
フォアハンドのときの、手首の角度はどうすればいいですか。
お願いします。
Posted by ままちゃり at 2012年08月06日 19:04
基本的にはラケットのヘッドが手首より軽く上がるのが良いと思います

しかし、これも状況によって変えればいいと思います
Posted by Mitch at 2012年08月06日 19:22


なるほど!

ありがとうございます。
Posted by ままちゃり at 2012年08月06日 20:49
頑張ってください
Posted by Mitch at 2012年08月06日 20:51

あと
もう一ついいですか

僕は力が無いので、監督によく筋トレしろと言われますが
どこらへんを中心に鍛えればいいですか
Posted by ままちやり at 2012年08月06日 21:02
体型などがわかりませんが

基本的に筋トレは必要ないと思います


球をたくさん打つべきです!!
Posted by Mitch at 2012年08月06日 21:12

ありがとうございます

また、わからないことがあったらアドバイスをお願いします、
Posted by ままちゃり at 2012年08月06日 21:33
他のページをよく読んでから質問してくださいね
Posted by Mitch at 2012年08月06日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引