2012年03月13日

時間意識と危機意識

試合がいつあって

それまでにレギャラーになって

試合ではもちろんペアとうまく協力できて勝つ


そういうシナリオはできているか?


それまでに自分はチームの他のプレーヤーよりも上にいっているのか?

そのためにはどこで差をつけているのか!


時間は無限にあるわけではない!


もちろん最終的な相手はチームメイトではないのだが

チームメイトにすら勝てない選手が試合相手に勝てるか?


常に時間意識を持て!!

そして今のポジションに自分がいることはできないという

常に危機意識を持て!!



「自己分析!!」

http://06091114.seesaa.net/article/232500361.html




ソフトテニス練習メニュー―ぐんぐんうまくなる! [単行本] / 北本 英幸 (著); ベースボ...
ソフトテニス練習メニュー―ぐんぐんうまくなる! [単行本] / 北本 英幸 (著); ベースボールマガジン社 (刊)
posted by Mitch at 22:34 | 岡山 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見させていただいています。
私は中学2年生で前衛です。
日々のボレー練習ではちゃんとボレーできるのですが、試合になるとラケット振ってしまい、思うようにボレーができません。どのような練習をすればよいのでしょうか??
Posted by tennis at 2012年03月14日 18:43
ラケットを持っているほうの手は野球で言うとグローブをはめている手だと思ってください
そう考えるとボールをキャッチするときに手首を使ってとるということはないですよね
また、常に手首にシワを作った状態でボレーするということを意識してください

意識を変えるだけで全然変わってきますよ
Posted by Mitch at 2012年03月15日 07:47
ありがとうございます。
早速実践してみます。
Posted by tennis at 2012年03月15日 09:40
できますよ
ぜひやってみてください
Posted by Mitch at 2012年03月15日 12:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
熨斗と水引