2012年02月27日

大切なのは第三者視点

「コートの外から自分自身を冷静に見れればとは、どういう観点を持てばいいのでしょうか?試合中の自分を、周りからの視点で、ということでしょうか?気持ちが入っていると伝わるようとか、そのようなことでしょうか?」


答えます


ビデオでも撮ってみればいいですが、なかなかそれはできませんよねえ

サッカーで活躍した中田英寿氏はピッチ上でも自分をピッチ外から自分を見ている感じでプレーしているらしいです

第三者の目から見た視点でとらえるということですね

なかなかできませんがプレーごとに自分を振り返ってみることですね


気持ちは常に攻めです!!

しかし、勝とうと思わず、自分のプレーをすると心掛けることです

勝とうと思い過ぎるとミスを恐れてしまいますから


声をしっかり出して気持ちを全面に出していくことですね


次を参考にしてみてください

「声の重要性」

http://06091114.seesaa.net/article/103192669.html






ソフトテニス後衛バイブル (レベルアップシリーズ) [単行本] / 金治 義昭 (著); ベー...
ソフトテニス後衛バイブル (レベルアップシリーズ) [単行本] / 金治 義昭 (著); ベースボールマガジン社 (刊)
posted by Mitch at 18:26 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 質問に対しての回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引