2011年06月02日

少人数での練習で

人数の少ない時にできる練習の一つとして

半面シングルスがある!


半面でただ打つだけでなく、

その半面での展開や崩し方を考える


ノーバウンドで決めると2ポイントとすると後衛も自然と前に出て決めようとして、ボレーやスマッシュの技術も上がる





【DVDでよくわかる】ソフトテニス上達テクニック (LEVEL UP BOOK with DV...
【DVDでよくわかる】ソフトテニス上達テクニック (LEVEL UP BOOK with DVD) [単行本] / ヨネックス・ソフトテニス部, ヨネックス・ソフトテニス部 (監修); 実業之日本社 (刊)
posted by Mitch at 20:47 | 岡山 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕の中学校の一番手が県大会に行くほど
強いんですよ!(元々僕の学校は最弱)
その強い子は、生活態度が悪いのに・・・
生活態度が良い人ほどうまいと聞きましたが
なぜ、上手いのですか?
Posted by 現役ソフトテニス部 at 2011年06月02日 22:39
ノーバウンドで決めたら2点。白熱しそうなルールですよね。

あと、私が考えてるのが、ポイント毎に最初は半面でスタートするのですが、ノーバウンドで打った瞬間から、全面シングルスに変わる、とするルールです。こうすれば、ローボレーで逆サイドに打ち込んだ方が俄然有利になるため、積極的にネットプレーに出る、という戦術が選択されるようになります。また、1バウンドの間は必ず相手が居る方に打たなければ成らないので、相手の前後の動きを見てロブ/シュートを打たねば成りません。コントロールも付きます。
私は指導者ではありませんので、試す機会が無いのですが、コメントさせていただきます。
Posted by 串カツ一本 at 2011年06月03日 00:39
現役ソフトテニス部さん
それは普段から自分自身に緊張感を持っているので最後の最後で勝ちきれるということです
また、部活動でしているのであればそれなりの規律がないとチームとしてもばらばらになってしまいます
Posted by Mitch at 2011年06月03日 07:08
串カツ一本さん

それはおもしろいですねえ
Posted by Mitch at 2011年06月03日 07:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
熨斗と水引