2011年02月08日

成功は

成功は99%の失敗に支えられた1%だ


ホンダ創業者の本田宗一郎氏の言葉だ






やりたいことをやれ [単行本] / 本田 宗一郎 (著); PHP研究所 (刊)
やりたいことをやれ [単行本] / 本田 宗一郎 (著); PHP研究所 (刊)

タグ:成功
posted by Mitch at 17:49 | 岡山 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 素晴らしい言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

いつも読ませていただいています

中2のテニス部です

相談なのですが、
私のペアはとても良い球を打ちます
剛速球!です

ただ、ネットやアウトが多いのですが、本人はなかなか直してくれず、
それで負けることも多いんです

どうしたら、ペアに正確な球を打つよう言えますかね?

ストレートに言うと傷つけちゃいそうなので困っています。
Posted by ぱんこ at 2011年02月10日 22:40
3球続けたら後衛の仕事はほぼ終わりですからね

そこまでに前衛が勝負をかけることです

ペアが剛速球を打つということは、それに対して相手は逃げてきませんか?
そこを前衛のあなたが決めるのです!!

できれば相手のバックの方へ打ってくれればスマッシュが上がってきます

もしアウトが多いなら、もうちょっと小さく振ってと言えば入りますよ

それか、クロスか逆クロス展開にしてと言えば入る確率は上がりますよ
なぜなら、ストレート展開よりも距離が長いからです(笑)

まずは「3球深いところに打って」と言ってみましょう
その後は、好きなところにあなたの剛速球を期待してるからって言ってみたらどうですかねえ

剛速球は魅力的ですからねえ
Posted by Mitch at 2011年02月10日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
熨斗と水引