2010年10月10日

時間力

あるところに次のようなことが書かれていました



三つの時間を自立しよう

1、約束した時間を守る力

2、自らの意思で時間を行使する力

3、自らの時間を生み出す力





1は日本人はきちんとできている方だと思います

学校でもチャイム着席など時間を守るということをやっているからだと思います

外国人などと集合時間を決めても時間前にきちんと来るのは日本人

外国人はたいてい遅れますね(笑)

これは日本人の良い習慣だと思いますし、約束を守らなければ友達をなくしますからね


2は自分自身で時間をうまく使うことです

時間をうまく使い、有効に活用することです


3は2とも関連してきますが、時間をうまくつかうとそれによりまた新たな時間が生まれる

そのために努力する


1日24時間と時間は限られています



時間を味方につけ自己を高めていこう!!










「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~

「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~

  • 作者: 箱田 忠昭
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2005/11/16
  • メディア: 単行本




タグ:時間力
posted by Mitch at 13:55 | 岡山 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 素晴らしい言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも丁寧に1つ1つ説明ありがとうございます!実は、昨日大会でベスト8になることができました。きっとこのサイトのおかげだと感じ、報告せずにはいられませんでした。ありがとうございます!そして勝って分かったことがあり、相談したいと思いまして・・・実はペアの、私からいうと後衛なんですが、どうも私がミスするとにらんできたり、ハイタッチしてくれないんですね(-_-;)後衛の子は後衛の子で、ミスしたら「それは前衛の球だよ」と言ってきます。しかし、ケンカをしたら試合にならないと思い、ずっと「ごめんね、次頑張るよ」といってきました。しかし、ペアを組んで半年、上に行けばいくほど悪化していきます。後衛の子に、前衛は「とれるよー」というのですが、「あんなのとれない」と後から文句まで・・・やはりペア同士、仲良くしなくてはならないのでしょうか?長文失礼しました。
Posted by 柚季 at 2010年10月10日 19:54
お〜やりましたねえ!!
目標以上の結果が出たのですね
私はこれと言って何もしてませんよ(笑)
それまでやってきた努力の成果がきちんと結果としてでただけですよ

そうですねえ
やはり勝ちたいという思いが強ければそういうようなことは起こりがちですね
後衛の選手ももっとソフトテニスを勉強しなければいけませんね
ソフトテニスは2人で1本をとる競技ですからね

言いたいことは言わなければなりませんが、お互いが険悪なムードになるようではペアとして成り立たなくなりますからね

あなたの行動に間違いはないです

コーチか先生に見てもらってお互いにアドバイスをもらうといいと思います
選手同士の行き違いも第三者から見てもらうとはっきりする場合がありますからね

わからないことがあればまた質問してくださいね


次をまた参考にしてみてください

「二人で1つ」

http://06091114.seesaa.net/article/120794140.html
Posted by Mitch at 2010年10月10日 21:24
返答ありがとうございます。
よく考えたら一度、先生に相談したことがあるんですね(-_-;)
そしたら「後衛の人も後衛の人なりに頑張っているんですよ」と言われてしまってw
もう笑うしかない状態ですねw
今も試合以外では顔も合わせませんし、どうしようもないですね(-_-;)
相談してスッキリしました。
私のしていること、間違ってないと言われてすごくうれしかったです。
あとその子のお父さんがけっこうソフトテニス強くて・・・(汗
内の敵って感じですかねw
これから頑張っていく気力でてきました。本当にありがとうございます。
これからも運営、頑張ってください。お体に気をつけて。
Posted by 柚季 at 2010年10月12日 19:19
もっともっとうまくなってあの前衛つけてたら絶対うらやましいよな〜っていう前衛になってやれ〜!!
そうすると後衛も自分ももっとしっかりしなきゃって思うから!!
ファイト〜!!
Posted by Mitch at 2010年10月12日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引