2010年09月11日

成功する人は

成功する人は単純なことでも必ず工夫している

たとえばストロークの1本打ち

どうだろうか?

ただ打っているだけだろうか?

他人と同じことでもその中で自分なりに工夫を加えているだろうか?

そこで成功する人としない人の差が生まれる

同じことをただするだけでは成功しない!!!

他人と同じことをしつつも他人と違うことをしろ!!







成功者の習慣 成功する人は何が違うのか[DVD]

成功者の習慣 成功する人は何が違うのか[DVD]

  • 出版社/メーカー: ビジョネット事業部
  • メディア: DVD



タグ:成功
posted by Mitch at 20:15 | 岡山 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見させていただいております。
今日は中学ソフトテニスの新人戦でした。一回戦目は相手が一年生だったので勝つことができましたが、二回戦目は相手の速いボールについていくことができず、結局負けてしまいました。
私の部活には二年が私しかいないので速いボールを打てる人がいません。顧問もテニスができません。コーチもいません。先輩は受験で・・・(泣)速いボールを返せるようになりたいのですがどうすればいいでしょうか。
Posted by のもさん at 2010年09月12日 14:31
いつも読んでいただきありがとうございます

速い球を手投げで出してもらえばいいんですよ
そうすれば必ず返るようになります
1年生ではラケットでの球出しは簡単ではありませんから、手投げでやってもらいましょう
手投げであれば1年生でも出来ますよ
手投げをするときの注意は下から投げるということです
下から投げると回転がストロークと同じになりますからね

それと速い球が来たときに、速い球で返そうとしていませんか?
あわてずゆ〜っくりで
速い球が来てあわてるということはまだまだ練習が足りないということです
困った時には相手後衛の前に深いロビングを上げたらいいんですよ

速い球に対して速い球でガチンコ勝負する必要はありません

ゆ〜っくりいきましょ
頭の中もゆ〜っくりと

また質問してくださいね
Posted by Mitch at 2010年09月12日 14:51
なるほど!
ラケットでだめなら手ですね。
ありがとうございます。
Posted by のもさん at 2010年09月13日 18:51
手投げなら初心者でも簡単にできますもんね
Posted by Mitch at 2010年09月13日 19:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
熨斗と水引