2010年07月26日

打球力

こんな動画見つけました

http://soft-tennis.net/virtuoso/kim-dong-hun/002/


右足をしっかりと定め、左肩を入れ、打つ瞬間にはしっかりと左足に体重を乗せて打っています

軽く打っていますよね

頭もぶれていません

打った後、しっかりと打ったほうを向いています

お尻の高さも一定に保たれています


このバランスが強い打球を生みます


軽く打って豪打を生むには

     しっかりとした下半身が必要







勝つためのソフトテニス熊田道場―競技力、指導力がパワーアップ!

勝つためのソフトテニス熊田道場―競技力、指導力がパワーアップ!

  • 作者: 熊田 章甫
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2009/10
  • メディア: 単行本




タグ:打球力
posted by Mitch at 17:18 | 岡山 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | ストローク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。Mitchさんに教えていただいたやり方で手投げのボールを出してあげる練習をしたら、ミスも確実に減ってきていますし、シュートやコントロールのきくロビングを出せる人が続出です・・・!!ありがとうございます。
質問があるのですが、まず、「ミドル」とは何でしょうか。よく使われる用語なので知っておきたいです。
もうひとつ、後輩の一年生は、近くでラケットや手で出してあげたボールはとれるのですが、遠くから出されたボールは、ロビングであっても取れる人が少ないです。ボールの伸びについていけてない気がするのですが・・・
改善方法を教えてください。
Posted by のもさん at 2010年07月29日 16:22
ミドルとは真ん中ということです

一年生のことはストロークでしょうか?スマッシュのことでしょうか?

どちらにせよボールの落下点を予測して走ることです
ボールが落ちるときには右足をしっかり接地し、構えに入っていなければいけません

その時にボールとの距離感があえば必ず打てます
球の速さ、回転を見極めなければいけませんが、そこまでまだ一年生に要求するのは難しいですが、とにかくたくさん球を打たせてあげることです

1球1球考えて最低1日1000球打てば、すぐにうまくなりますよ
まずはそこからです
Posted by Mitch at 2010年07月29日 16:54
ありがとうございます!

わたしもいっしょにたくさん打ってみようと思います。
Posted by のもさん at 2010年08月02日 14:30
打った数に比例して上手くなりますからね
Posted by Mitch at 2010年08月02日 14:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引