2008年12月06日

フォロー練習法

フォローって何ですか???

また唐突な質問!!!

相手前衛がボレーもしくはスマッシュをした球を返球することです!


それでは前衛のフォローのやり方をお教えしましょう

1、胸のところにあるラケットを腰の位置ぐらいに下げる
  ※自分の足元に球が来るため・・・腰より上は取れなくてもいい)

2、相手前衛が動いてとりにきたら1歩後ろに下がり返球する
  ※その場で取れるのならそれの方がなおさら良い
   フォローを1球1球下がっていたら次の攻撃に遅れる場合があるので要注意

3、その時ラケットは裏面を使うのがよい
  ※手首の稼動範囲の関係で球が中に返り安い

これがフォローのやり方だ

相手前衛を見ていないとできないのは言うまでもない

さてここから練習のやり方について言います

2人でできる練習は
1人が壁に向いて3メートルくらい離れて立ちます
もう1人はそこからさらに3,4メートル離れて壁打ちの1本打ちをしてください
そうすれば前に立っている人はどこから球がやってくるのかわりませんからすぐに反応しなければフォローはできません
後ろの人は打つ場所を左右い変えてみましょう
そうすれば球が壁に当たって方向が変わりますから前でフォロー練習している人にとっては難しく難易度が上がります

4人以上いる場合は
実際のゲーム形式の形で前衛、後衛をつけて後衛が球出しをしてやり一方の前衛がランニングボレー、そして反対の前衛がフォローとこれを繰り返しやってみましょう



スマッシュのフォローは
基本はボレーのフォローと同じですが、相手がスマッシュするときには止まって自分よりか外側の方の球をとれるように準備しておきましょう
動いていると逆を着かれたときに取れませんから
だから、相手が打つ瞬間はいったん止まるということです
フォローの位置は下がってもせいぜいサービスラインの辺りですね
次のことも考えると下がりすぎると次の攻撃が遅れますし、前に落とされた場合にとりにくくなりますから中間ポジションがベストです!!

フォローも練習すれば自然とできるようになります!!
でも、とれたらラッキーぐらいな感じでやっていきましょう
フォローは攻めではなく、完全に守りだからです!!








ぐんぐんうまくなる!ソフトテニス

ぐんぐんうまくなる!ソフトテニス

  • 作者: 熊田 章甫
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本



posted by Mitch at 23:20 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引