2008年11月30日

腰を落とす?上げる?

腰を落とす?上げる?


だから〜いつ?どこで?
もお〜わけわからんし〜

とこれだけでは選手に指導者は言われるでしょう

これがテニスコートで目の前で起こったプレーであればわかるのでしょうがね

ブログやホームページではこういうところはなかなか伝わりにくい部分もありますが、こう考えると
指導者はいかに具体的に選手に伝えるのかということが非常に大切だということがわかりますよね

さて、話を戻しますと

腰を落とす?上げる?

これはネットから離れてのボレーのときです

サービスラインより前にいるのであれば腰は上げていてOK

上げるといっても普通に立っていて軽く膝が曲がる状態ですよ

腰を落としすぎるとちょっとタイミングを外されてしまうと身動きが取りづらいですし、ボレー時も無駄な力が入ってしまいます

とにかくボレーの時は特に、相手がサイド、アンダー、トップのどのストロークで打ってくるのかがわかるだけでも次への動きがしやすくなる

それがわかるだけでもプレーが全く変わってくる!!

さあ皆さんしっかりやってみよう!!手(パー)





ソフトテニス強豪校のマル秘練習法、教えます! (B・B MOOK 496 スポーツシリーズ NO. 370 強くなるド)

ソフトテニス強豪校のマル秘練習法、教えます! (B・B MOOK 496 スポーツシリーズ NO. 370 強くなるド)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 単行本




posted by Mitch at 18:39 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ボレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
熨斗と水引