2008年10月30日

剛VS柔

剛球、剛速球を打つ人がいますよねえ〜
素晴らしいですね〜〜
私もそうなりたいです・・・もうやだ〜(悲しい顔)

でも剛球、剛速球を打つ人が必ず勝てるでしょうか?

違いますよね〜〜〜

テニスは速球を打つ競技ではありません!!

枠の中に入れる競技なのです!!


剛球、剛速球があればそれは有利であることは確かです

それではでも剛球、剛速球が打てない人はどうしたらいいのでしょうか?




あきらめる?


そんなわけないですよね

それではどうすればいいのか!!

剛球、剛速球が打てる人とガチンコ勝負して勝てるわけないです!!

じゃあどうすれば?














それは














それは














高さを加えることです!!!


ストロークに高さを加えることによってでも剛球、剛速球に勝てます!!

シュートボールで深い球を打つと、相手は下がらずライジングで打つ場合がありますが、高さをつけるとそれよりも相手は後ろに下がるはずです!!
それに剛球、剛速球を打つ人は打ってくる相手には慣れています
高さをつけてゆら〜〜〜り、ゆら〜〜〜り打ってこられると打ちにくいのです!!

いいですね〜〜〜

高さをつけたボール

「北斗の拳」というマンガをご存知ですか?
主人公のケンシロウ、その兄二人ラオウとトキ
ケンシロウとラオウが戦ったときは剛VS剛でガツガツとした戦いであった
しかし、ラオウとトキの戦いではトキがラオウの剛なる攻撃を柔でうまくかわしていた
空気の流れをうまく変えていた

テニスにもそれぞれスタイルはあるが、剛と柔を使い分けてみてはいかがだろうか?
そこまでできるようになれば超一流だ!!




わかりやすいソフトテニスのルール (SPORTS SERIES) [文庫] / 西田 豊明 (...
わかりやすいソフトテニスのルール (SPORTS SERIES) [文庫] / 西田 豊明 (監修); 成美堂出版 (刊)

タグ:
posted by Mitch at 18:41 | 岡山 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ストローク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
例えがわかりやすくて
すごい!!
イメージしやすくなりました
Posted by こんばんわん at 2012年08月10日 20:16
ちょっとしたきっかけですよね
Posted by Mitch at 2012年08月11日 07:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
熨斗と水引