2008年10月27日

入れすぎに注意?

入れすぎに注意???



なにが?

なにがなにが??

主語がね〜んだよ

しゅ〜ご〜が〜〜〜〜〜〜

subject!!

だから〜なにがだよ〜〜〜














わかったわかった言うがな!!言いますがな!!!

肩だよ!!!

か〜〜〜た

shoulder!!



入れすぎたらだめなんですか???

いいんですよ別に〜〜

最終的に腰がしっかり回ればいいんです!!

フォアの場合、左肩で牽制ができます


メリットはクロス展開でフォアのときに左肩をしっかり入れられると相手前衛はいつも見られている気がして、次への動きが一瞬遅れてしまいます

デメリットは肩を入れることを意識しすぎて打点が遅れてしまいクロスに球が飛びにくくなる

昔教えた男の子にしっかり左肩を入れろ〜と言ってたら左足までがクローズドに入り、全く回転ができなくなりました・・・これは完全な指導ミスでしたもうやだ〜(悲しい顔)

左足が完全にオープンに開いているのであれば左肩をしっかり入れれば腰はしっかり回ります
一番よく回ります

全日本で活躍した北本英幸さんが言うのは左肩は相手コートのベースラインにあるセンターマークに合わせればいいとおっしゃってました

どれが一番いいのか断言はできませんが、まずは今のフォームでしっかりと打てるかどうかです
打てるようになってからフォームやその他を考えるべきです

自分の思ったところに思った球を打つ!!





【DVDでよくわかる】ソフトテニス上達テクニック (LEVEL UP BOOK with DVD) -
【DVDでよくわかる】ソフトテニス上達テクニック (LEVEL UP BOOK with DVD) -
posted by Mitch at 22:38 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引