2008年10月06日

仕留める

試合をしているときにどうすれば相手を攻略できるのか考えると思います

一番いいのは自分のプレーをして勝つのがいいです

でももっと楽に勝とうと思えば
相手の弱点を突くということと相手の得意球を封じるということです

前者については以前もお話しましたので今日は後者についてお話しましょう
相手の得意な球って何でしょうか???
相手の得意な展開ってなんでしょうか???
それは普段からいろんなプレーヤーや試合を見て観察をしていれば簡単なことですよ

さて昨日の試合から1つ例を挙げておきましょう
昨日の2試合目で相手後衛の球は速かったんです
ドライブがかかって伸びもありました
その後衛の特徴はグリップがイースタン気味でした
くくくっこれはしめたぞ〜と思いました

皆さんはそう思いませんか???

だって〜〜〜














だって〜〜〜














イースタン気味の人はバックは打ちにくいじゃ〜〜ん
ということで自分の後衛に
「バック狙って〜相手は打てんから〜」
って言ったんだけど相手はなかなかポジション取りが良くて自分から見て普通の人より右側にとってましたからバックで打たない・・・
ちょっとだけ困ったけど

ということで俺は考えをちょこっと変えた
弱点が突けなければ相手の得意な球を押さえれば勝てる!!!
イースタン気味なら引っ張る球が得意だ
よっしゃ〜〜Let's go!!

クロス展開ではクロスを追いに行った
(取りに行ってもとれねぇ〜〜 速いし巻いて先を抜かれる・・・)
逆クロス展開はじっとして待つ
(右だけしか待ってません〜〜)
左ストレート展開ではいつもより右寄りにポジションをとり、意識は右のみに
(守り、守り〜〜いひひひひぃ〜〜 で〜ここぞというときに左にちょんと出て取ったぞ〜〜〜〜お〜〜)
右ストレート展開では積極的に追いに行く
(取りに行ったが・・・相手の球が外に逃げていくのでとってもアウトをしてしまう・・・あちゃ〜〜あ)

ファイナルの1本目はペアの後衛がレシーブをミドルに持っていって相手後衛が回りこんだので
よっしゃいけ〜〜〜え〜〜〜!!と思いクロスを追った
タイミングばっちり!!完璧だったね〜
相手前衛もびびってた
でも球は吸い込まれてネットの手前に・・・ありゃりゃ〜〜
まぁここで掴めた
マッチをこっちが握ったときも取りに行って相手後衛の球が白帯に当たり勝った〜〜

弱点を突くことができないときは得意な展開を封じる!!
まさにこれだ!!

レベルが上がってくるとなかなか自分の得意な展開を作らせてもらえないときもあるからね

いつも紹介していただいて光栄です
[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

にこのサイトの次の項が紹介されています
ミドルからの攻め方(10月4日号)
これで何回紹介されたのだろうか・・・
ぜひぜひ皆さんいろんなことろで紹介してくださいね







ソフトテニス前衛バイブル (レベルアップシリーズ) [単行本] / 金治 義昭 (著); ベー...
ソフトテニス前衛バイブル (レベルアップシリーズ) [単行本] / 金治 義昭 (著); ベースボールマガジン社 (刊)
タグ:仕留める
posted by Mitch at 20:33 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
熨斗と水引