2008年09月24日

〜風を読む〜

「〜風を読む〜」なにかドラマのタイトルでも良さそうな気がします

が嫌いな人もいるでしょう

私は風好きです〜大好きです〜Loveです〜

だって〜弱者を強者にしてくれるんですもの〜〜

条件が悪くなればなるほど私はワクワクします
条件が悪くなるのは相手だけで私にとっては条件が悪いほど味方が増えるのです

先日も中学生の試合を見ていたが追い風のときはことごとくどのペアもゲームを落としていた
もったいない!!
風を味方につけていないのだ

風を味方につければ向かうところ敵なしだ!!
風速にもよるが、追い風、向かい風、横風と考えてみよう

1、追い風

自分の背後から吹いてくる風だ
打ちにくい
あ〜〜やだやだ〜
って思っている人がほとんどだろう
特にストロークが・・・

苦手意識を持つ必要はなしだ!!
高い打点から打てばいいじゃん!!
志村けんのあい〜んを意識してやればいいんでしょ〜〜
いつもよりスピードを落としても自分の後ろから風が吹いてくるんだから自然と球は速くなるって!!
でも手先だけで打ったり、球を置きにいってはだめだ!!
腰を落として打て!!振り切れ!!

ロビングも打ちにくい
でも心配御無用!!
アウトしなければいいんでしょ???
じゃあ前衛に触られなさい!!!
取られてもいい!!
そうそう相手前衛も決めれるもんじゃない!!

ポジションはどうする?
後衛は自分の後ろから風が吹いてくるので自然と相手の球も短くなるはず
と考えたらポジションはいつもより前か、相手の球が短くなると常に意識しておく
前衛は相手の死に球をきちんと処理すればいい
自分の後衛がしっかり打てば、どチャンスボールが上がってくるはずだ
その決めるときにもスピードよりもまずはコースですよ!!


2、向かい風

自分の正面から吹いてくる風だ
髪の毛が逆立つ〜〜〜
ぼわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜あ〜〜〜〜〜〜
(歌手のBOAじゃないですよわーい(嬉しい顔)

え〜っとそれでは向かい風ですが、追い風と反対です
じゃ追い風の反対をすればいいのです
普通にストロークを打ったのでは短くなるから・・・
どうすれば長くなるんでしたかね???
「長短」のところをもう一度見てくださいね
相手のボールに対して普通に打つだけでは死に球になってしまいます
しっかり押してください!!
プッシュしてください!!!
足を踏み込み、膝で押し、腕で押す!!
長い球を打たなければいけません
ロビングを打つときも同じです

向かい風はなぜやりやすいかというと自分からしっかり打てるからです
バックアウトしないからです
しっかり打って打って打ちまくってください!!

ポジションは後衛はいつもよりやや後ろ気味にしてください
相手の球が長くなりますからね
前衛は普通どおりでいいですよ
でもロビングは追う必要はないと思います
ボレーですよ
volley〜〜
ボレーのどこを追うかって???
ん〜〜・・・
















ここでは答えは言いません
ヒントはコートの距離です
自分で考えてみてください

それと向かい風からどうすれば追い風の相手から楽にポイントが獲れるかというと・・・
















これも答えは言いません
ヒントは追い風の人が嫌なことをさせることです




あっ1つ言い忘れていました!!
向かい風だからと言って安易にロビングを上げているとアウトをする場合があります

なぜか???














なぜだ???














それは風が上で舞っている場合があるからです
気をつけましょうね〜〜〜


3、横風

横風走行注意と言われるくらい横風は怖い
打てば自分の球がどの方向に向いていくのかをチェックしておく必要がある
シュートだけでなくロビングにおいても同じだ

この横風も上手く利用できればすごい味方になる
球が横風で外に逃げていけば相手もコートの外に出る
次に返ってきたときに攻めやすくなる

ポジションや意識もどういう球が返って来やすいかによって変える必要がある

風については以上と言いたいところだが、もう一つだけ重要なことを言っておきま〜〜〜す
ファーストサービスのときにあまりにも風がきつかったらセカンドサービスで使うサーブを打とう!!
1番目に打つのがファーストサービスだからその入る確率を上げることによって相手に相当なプレッシャーがかかる

どうだ???
こういうことを知っていたら風は味方になるだろ〜
風は敵じゃない!!友達なんだ!!
風は味方なのだ!!!

今日の話題はいつも以上に良すぎたなぁ〜
もったいなかったな〜

ぜひ皆さん活用してくださいよ!!!










極 KIWAMI シリーズ Vol.1 『濱中流ダイジェストDVD 後衛「極」』

極 KIWAMI シリーズ Vol.1 『濱中流ダイジェストDVD 後衛「極」』

  • 出版社/メーカー: 株式会社 Real Style
  • メディア: その他



posted by Mitch at 20:43 | 岡山 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も風は嫌いでした(T_T)
でも読んでいたら段々と「そういう風に考えればいいんだな〜」と軽くなりました。
さすがです!アドバイスありがとう!
Posted by スポ根大好き! at 2008年09月27日 04:23
当たり前のことなんですけどね〜
なかなかそれをはっきりと言ってくれる人がいないでしょ〜
またまた活用してくださいよ
Posted by Mitch at 2008年09月27日 06:24
こんにちは。私は風が大好きです(^_^;)
クロスで打ちあいになってるときに風を上手く使えば、相手がアウトしてくれるし、カットサーブも風に押されてよく入ります。
アドバイスを見て、「なるほど。その手もあったか\(゜ロ\)(/ロ゜)/」と思いました。活用できるよう頑張ります!
Posted by 柚季 at 2010年10月03日 11:12
こういうことも考えてやれば弱者が強者になりますからね
ただ球を打つだけがテニスじゃありませんからね!!
Posted by Mitch at 2010年10月03日 17:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引