2008年09月10日

テレビの前の親父

テレビの前でお父さん方はプロ野球中継を見ていませんか?

しかも一喜一憂して文句ばかり言いながら

ありえね〜〜〜〜〜〜って
私なんか思うんですがねえ

なぜかって???

だって現場の監督はいつも選手の状況を見てその日の采配を決めているのですから

外からだったら誰でも言うだけなら言えますよ!!!
文句があるのなら自分がやってみろ!!!って言いたくなりますね


それはソフトテニスの指導者にも同じことが言えると思いませんか??

普段見ていただいている指導者がいます
でも、ときにひょっこりやってくる人が監督の文句、批判をされたのではチームとしての和が保てなくなります

文句があるのならお前がやってみろ!!

私が監督の立場ならこう言いたくなります

よくいろいろなところに私も指導に行くわけですが、絶対に監督の批判、否定はしません
もちろん自分の考えは持っていますよ
監督の考え、意向を無視して指導なんてできません
わけのわからないことなどを言っておちゃらけることはありますよ(笑)
わけわからないことは好きですから

保護者も同じですよ
そこのチームに子供さんを預けたのならその監督さんは絶対です!!
監督が白を黒と言えば黒なんです!!
文句、批判されるのであればどうぞそこを去ってください
今すぐに!!
監督にとっても子供にとってもその状況はよくありません
もし、子供さんが文句を言うのであればそれを受け入れるのではなく、逆に突き返してください!!!
自分の子供がかわいいのであればあるほどそうしてください!!
そうやって揉まれていくことによって子供は成長するのです
もし受け入れるようなことがあれば成長はないと思ってください!!

監督は絶対です!!!

最近よく耳にするモンスターペアレントになってはいけません
テレビでもやってますがあれは世の中の一般常識からかけ離れた
ただのあほですね

チームでこれからペア変えもこれからあるでしょう
そのとき全員が納得いくでしょうか???
それは無理で〜〜〜す(笑)
それを子供ではなく、保護者が監督に言い寄るなんてことはみっともないんでやめましょう
恥さらしです!!!
それこそモンスターですよ!!
じゃ誰もが認めるくらいに上手く、強くなりなさい!!

保護者は金は出しても口は出すな!!
(名言ですね〜〜わーい(嬉しい顔)

監督さんはすべて聞いていたらこれから先やっていけません
馬耳東風でいきましょう〜〜!!
もしくは、福田首相みたいに他人事のように「私自身は自分自身を客観的に見ることができるんです。あなたとは違うんです」って言ってやりましょう(笑)

自分ができもしないのに言わないこと!!
テレビの前の親父にならないこと!!
もしお父さんがテレビの前でぶつぶつ言ってたら
「自分でやってみたら〜???(できもしないくせにわーい(嬉しい顔))」
って言ってあげましょう
それがあなたのお父さんのためです!!!(笑)








オレってバカ親?―モンスター・ペアレントにはなりたくない (ソニー・マガジンズ新書)

オレってバカ親?―モンスター・ペアレントにはなりたくない (ソニー・マガジンズ新書)

  • 作者: 眞邊 明人
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 新書





タグ:親父 テレビ
posted by Mitch at 20:39 | 岡山 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう最高です!(笑)読んでる間「アハハ」と笑いが出てしまいましたよ。タイトルを見た時は何?と思いましたが、共感しています。まさにその通り!
でも自分が言われたら怖いですね〜ふふふ
Posted by スポ根大好き! at 2008年09月11日 03:57
当たり前のことなんですがねえ〜(笑)
当たり前が通用しない世の中になってきている気がしますよ
Posted by Mitch at 2008年09月11日 06:43
いつもアドバイスありがとうございます!
今度の14日に、中体連で二回戦で当たるであろうところと練習試合ができることになりました!
てっきり断られると思っていたのですが・・・
なにか、相手の弱点を見抜く方法や、チェックした方がいいところなどあったら教えてください。
Posted by アヤ at 2008年09月11日 21:24
それはめっちゃラッキーですねえ
アヤさんのアドレスを教えていただければ教えますよ
Posted by Mitch at 2008年09月11日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引