2008年08月11日

後衛の仕事

前回の前衛の仕事に続いて今回は後衛の仕事についてです

馬鹿でも後衛はできると言いましたが、後衛も考えなければできません

基本はしっかりと打てばいいのです

どこを狙うのか???
それはその時の状況によりますが、
相手の弱いところでしょう
初心者であればバックでしょう
上級者でもやはりバックでしょう

相手のフォアの方に打つ場合には相手のいるところにそのまま打つことは止めましょう
1歩か2歩でいいから相手を動かしましょう
相手に楽に打たせてはいけません

でもなかなかそこだけを狙うといっても難しいですよね

それでは深い球で3球続けてみましょう
それであなたの仕事は終わりです
その3球続ける間にペアの前衛が勝負をかけてくれなければいけません
3球続けれるようになったら次はレベルアップして5球続けるようにしてみましょう

次に、相手陣形を崩しましょう
1、前衛、後衛のいる雁行陣では後衛をコートの外に出したり、前衛を後ろに下げたりすると陣形が崩れます
そうすれば、攻めるスペースが必ず空いてきます

2、ダブル後衛の平行陣では2人ともがベースラインの後ろに2人いるわけですから、その形を崩せばいいのです
1人をコートの外に出すとか前に出したりすれば、これも攻めるスペースが空いてきます

後衛の仕事は
1、相手の弱点を攻める!!
2、3球続ける
3、相手陣形を崩す!!


後衛はテレビゲームの攻略方法を見つけ、相手を追い込んでいくような仕事です
そして、最終的に相手に止めを刺すのは前衛です
これを憶えておいてくださいね







DVDでわかる!ソフトテニス勝てるダブルス!!ポイント50 (コツがわかる本!) -
DVDでわかる!ソフトテニス勝てるダブルス!!ポイント50 (コツがわかる本!) -
タグ:仕事 後衛
posted by Mitch at 20:32 | 岡山 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 後衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして★
自分は今高校生でソフトテニスをやっています。
後衛なんですが、ラリーが続きません。
特に速いボールについていけません。
どうすればラリー力がつくか教えていただけませんか?
Posted by なつき at 2008年08月12日 16:24
速いボールに対して速い球で返そうとしていませんか?
打つとき以外足を止めていてはいけませんよ〜 
また、相手の球が速いのであれば、球がネットを越えたらラケットを引き終わっているくらいにしておいてくださいね
日記にも書きましたがラリーは3本続けたらあなたのお仕事はおしまいです
まずはロブでもいいんですよ〜
迷ったら後衛の前かミドルに深いロブを上げたら良いんですよ
球の予測をするために目も鍛えておいてくださいね
球が来てから動いては遅いですから
それと相手の球が速いということはアンダーかサイドストロークで打つということですからお尻をいつもよりちょっとだけ落として打ってみてくださいね
Posted by Mitch at 2008年08月12日 16:44
ありがとうございます。
明日から意識してやってみたいと思います。
あと、、
コーチなどにラケットを手で引いてるって言われたんですけど、それも関係ありますか??
Posted by なつき at 2008年08月12日 18:23
ラケットは腰の動きについて回るのです
「打てない人」のところにも書いていますので見てくださいね
ラケットは真っ直ぐ引く形がいいですし、相手の球が速ければ、その速さにもよりますが普段の6、7割の引きで打ってみましょう
Posted by Mitch at 2008年08月12日 20:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
熨斗と水引