2008年08月09日

人間観察

人間観察とはいつでもどこでもできるものです

たとえば髪型を変えたのがすぐに分かれば、それも人間観察がすぐにできていると言える

私はよくラーメン屋に行くのだが、そこで観察するのは店員の動きです
動きが素早く、無駄な動きがないラーメン屋は必ずと言っていいほどラーメンが出てくるのが早いし、うまい!!
つまり、要領がいいのだ
たったこれだけのことかもしれないけれど、いろいろなことがわかってくる

普段の生活においても無意識のうちに人間観察を誰もがしていると思うのだが、これを意識してやっているとプレー中においても相手の変化にすぐに気がつくようになる
球筋もそう、表情もそう、もちろんその時の状況まで読めるようになってくる
KY(空気読めない)ではいけませんふらふら

ちょっとした変化にもすぐに気付けば、それが勝利に必ず結びつく
気付かなければ、負ける!!
特に前衛は瞬時の判断力が必要となるが、それはコートの中だけでは培われない
コートの外での判断力により培われるものなのだ
つまり、普段の生活がここでも生きてくる
これも短時間で決着のつくソフトテニスの醍醐味なのかもしれません

選手の皆さん、監督、コーチの表情などから考えて、次に何が言いたいのか推測してみてはいかがでしょうか??わーい(嬉しい顔)

練習が始まってもお喋りしていて、その時監督さんは黙って何も言わずにじっとしていませんか??
それは監督さんは早く気付け!!
そうじゃないとそろそろ怒るよ!!というサインですよ(笑)










勝つためのソフトテニス熊田道場―競技力、指導力がパワーアップ!

勝つためのソフトテニス熊田道場―競技力、指導力がパワーアップ!

  • 作者: 熊田 章甫
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2009/10
  • メディア: 単行本


タグ:人間観察
posted by Mitch at 18:26 | 岡山 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は14歳の女子前衛です。
最近悩んでいることがあります。
それは、ミドルのボールや、少し走れば取れるボールを取れないことです。
練習のときはとれているのですが・・・
試合中だと、自分の横を通り過ぎたときに「今の取れたな」と思ってしまいます。
何か、いち早く相手のコースを読む方法や、多くのボールを取れるようになる方法はありませんか?
Posted by アヤ at 2008年08月10日 18:10
それは球が自分のところに来てから取りに行こうとしていませんか?
ボレーのところをもう一度見てくださいね
どのタイミングででるのかは、その相手のレベルのもよりますが、ラケットを引いてそれが動き出したら行ってください

次のこともまたいつかお話はしますが、前衛は全部なんて取れません
前衛の仕事は球を取るのも大切ですが、相手の邪魔をすることも大切ですよ

またわからないことがあれば質問してくださいね
ありがとうございます
Posted by Mitch at 2008年08月10日 20:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引