2008年08月06日

カットサービス

ソフトテニスの面白さの1つとして、ゴムボールを変化させるということがあります
ドライブ、つまり前回転をかけたり、ボールを切る、つまりカットをかけて球のバウンドを変えてみたりすることです

ここではカットサービスについてお話しましょう
カット(cut)とは切るということです
要するに切ればいいのです
でもただ切るだけじゃダメです
切りながら押す!!押すのです
応援団のようにオッス!!
(またわけのわからないことを言ってしまいました・・・すいませんあせあせ(飛び散る汗)
カットサービスにもいろいろありますが共通するところを述べておきましょう

まずどのプレーも下半身から見ていくんでしたよね
足はどういう向きでも構いません
自分が打てる、打ちやすい足の向きで良いです
ただ、ストロークと同じで最後に左足に体重が乗るようにしてください

次に球を持っている左手ですが、いつも同じところでしょうか???
自分の打てるところに左手がきていますか???
その時々によってバラバラではいけません
そして、球は投げるのではありません
左手から離すのです
球を左手から離すのです

ラケットはカットを打つ面のまま左手に持っている球のところに持っていってください
そこからその面のままラケットを引いてその面のままラケットを出してください
そうすればカットはかかります
面の向きによってカットのかかりが変わってきます
これでカットはかかるのですが、これでは短い球になってしまいます
ですから、普段のストロークと同じでラケットを引いた時には右足に体重を乗せてください
そして、打つときには必ず左足に乗ってください

打ち終わったらラケットは打ったほうへ投げ出す、もしくはその球の軌道を追っていくようにしてください
決して振り切らないようにしてください

球がネットにかかるとき、出てフォルトになるときいろいろあると思いますが、これはストロークの長短打ち分けのところで述べたことと重なりますので、そちらの方を読んでください

上からのファーストサービスのときと同じようにリズムも自分で決めておくと良いと思います


カットサービスのチェック項目

1、足の向き

2、打つラケット面を左手の球にあわせる

3、左手から球を離す

4、体重移動で押す!!

5、ラケットで軌道を追っていく

6、リズム


カットサービスのいろいろ
1、ショルダーカット
読んで字のごとく、肩の辺りもしくは顔の辺りで打ちます
ボールの右側を打つので左側に曲がります

2、サイドカット
腰の辺りで打ちます
普段のストロークに似ていて、一番ポピュラーです
面の当り方にもよりますが落ちてから止まったり、右に曲がったりします

3、アンダーカット
膝より下で打ちます
右に切れます
一番変化しやすいです

4、逆カット
バック側で打ちます
裏面を使っても構いません
アンダーで打つのが一番打ちやすいです
左利きのカットと同じで左に切れます

もともとストロークのときにラケット面が開いている人はアンダーカットサービスは習得しやすいです

以前教えていた女子選手にこういう選手がいました
彼女は上から打ってもトスが安定せず入る確率が悪かったんです
ストロークのときに面が開いていたのでカットサービスに変えてみたらスムーズにラケットも出て、確率も非常に良くなりました
その時、彼女に教えたアンダーカットのリズムは
1〜2〜3!!でした
時計の振り子のように1〜2〜と力を抜かせラケット振り、3で打ち振り上げていました
サービスコートに入ってからすごく切れましたねえ
しかも、滞空時間が長いので相手は球ばかり追うわけです
コートに入ったかと思うと、真横に切れるわけですからびっくりですよね(笑)

カットサービスも練習です
練習、練習です
みなさん頑張ってください








ダブルスで勝てる!ソフトテニス最強の戦術 (コツがわかる本)

ダブルスで勝てる!ソフトテニス最強の戦術 (コツがわかる本)

  • 作者: 西田 豊明
  • 出版社/メーカー: メイツ出版
  • 発売日: 2010/02
  • メディア: 単行本



posted by Mitch at 18:57 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引