2008年08月04日

ローボレー

ボレーについては以前にお話しました

今日はローボレーについてお話しましょう
ローとはLowつまり、低いということです
ローボレー=低いボレー
反対にハイボレーのハイはHighつまり、高いということです
ハイボレー=高いボレー

ボレーの時にもお話しましたが大切なのは
左手であることは言うまでもありません

それとラケット操作は扇形です
つまり、扇子の形と同じです
扇子は上の180°だけありますよね
下の180°にはありませんよね
ラケットもそうです!!
下の180°は動かす必要はありません!!
え???と思うかもしれませんが、
これは徹底してください!!
確かに下の180°はありますが、そこにラケットを持っていけば縦面になり、球が上にぽわ〜んと上がってしまいます
ぽわ〜んと球が上がるということは相手にスマッシュをされたり、トップで打たれたりしてしまいます
それでは相手にポイントを取られてしまいますよね

じゃどうすればいいかというと
自分が低くなればいいのです
でも腰を曲げるのではありません
膝を曲げるのです
膝を曲げればお尻も自然と落ちます
そして顔をボールに近づけ、ラケット面は横面!!
横面だと攻められることはありません
また、狙うのはネットの白帯を狙ってください
ラケット操作は左手ですよ!!
相手の球が緩い場合には膝で柔らかく押す!!
速い場合にはラケット面を出して合わせるだけでいいですからね

ローボレーとスマッシュができるようになるとコートのどこでもノーバウンドでプレーができるようになり、プレーの幅も広がりますよ
そうなるとプレーに自信が持てますから
しっかりと自信をつけてくださいよ〜〜






いちばんやさしいソフトテニスの基本レッスン

いちばんやさしいソフトテニスの基本レッスン

  • 作者: 西田 豊明
  • 出版社/メーカー: 新星出版社
  • 発売日: 2010/03
  • メディア: 単行本




タグ:ローボレー
posted by Mitch at 17:53 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ボレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引