2008年07月21日

プレーヤーの皆様へ

この一球は絶対無二の一球なり。
されば心身を挙げて一打すべし。
この一球一打に技を磨き体力を鍛え、
精神力を養うべきなり。
この一打に今の自己を発揮すべし。
これを庭球する心という。

福田雅之助



ソフトテニスではありませんが、日本硬式テニス協会(JTA)の憲章にもなっています
素晴らしい言葉だと思いませんか?

意味は
この1球は後にも先にもない1球である。
そうであるなら全身全霊をかけて打ちなさい。
この1球、1打に技を磨き、また体を鍛え、
精神力をもつけなさい。
この1打に今の自分自身の持っている力すべてを出し切りなさい。
これがテニスをする心と言います。

初心者のみなさんいいですか!!
無駄な1球なんて1つもないんですよ!!
だから1つ1つ心を込めて打ちましょう




日本テニスの源流―福田雅之助物語 -
日本テニスの源流―福田雅之助物語 -
posted by Mitch at 23:11 | 岡山 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 素晴らしい言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やる気が出てきました
ありがとうございます
Posted by 光合成 at 2008年07月24日 15:28
初コメントありがとうございます
これからも見てくださいね
Posted by Mitch at 2008年07月24日 17:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
熨斗と水引