2008年07月09日

長短

長短の打ち分けが分かりましたか???
ヒントを2つ挙げましたよね〜
大丈夫ですか???
じゃ答えを言っていきますね

1つめは足でしたね

足をどう使うかというと

長い球を打とうとするならば大きく踏み出せばいいのです!!!

それで長い球が打てるでしょ

野球選手を考えてみてください

特に外野手を

遠くに投げる時に大きく足を踏み込んでいますよね!!!

やり投げの選手だってそうですよね

これでばっちりですよね

長い球を打つ時には大きく踏み出す!!

え??それじゃあ短い球を打つ時には???

その反対をすればいいんです!!!

小さく踏み込めばいいんです

小さくですよ〜

球も小さい感じがするじゃないですか



もう一つは腕でしたね

これも先ほどと同じで野球選手ややり投げの選手を考えてみてください

そうすれば簡単!!!

わかりましたか???

遠くに飛ばすには腕を大きく振ってますよね

そうです

大きく振るのです!!

大きく振り切ってみてください

そうすれば長い球が打てます!!!

簡単でしょわーい(嬉しい顔)

短い球は先ほどと同じで、反対のことをすればいいんです

小さく振ればいいんです

ちっちゃくです

自分が中学生の時、短く低い球が来た時に大きく振っていました

それで入らない・・・入らない・・・と悩んでいました

ただ当てるだけでは相手に攻められますからね

今考えたら当たり前のことができていなかったわけですね

情けない限りです・・・

今の自分が自分を指導していたら・・・と思います






ソフトテニス―テクニカル・ダイジェスト (グラウンドストローク編2) (B.B.mook―スポ...
ソフトテニス―テクニカル・ダイジェスト (グラウンドストローク編2) (B.B.mook―スポーツシリーズ (257)) [ムック] / ベースボール・マガジン社 (刊)
タグ:長短
posted by Mitch at 20:24 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ストローク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
熨斗と水引