2008年07月03日

バック パート2

練習はフォアと同じで手投げでたくさん打ちましょう
打つときのポイントとしていくつか挙げておきましょう(すべて右利きです)


1、左足を横に

 左足を横に向けましょう
そうすれば体が自然と横に向きます
それで打つ体勢ができます
そこから右足を踏みこみます
踏み込む方向は指定しません
すべてフォアの反対と覚えてください


2、右足より前で打つこと!!

  そうすれば球が引っ張る方向に行くのでしっかり打てるということが憶えれます
 もし流したいのであれば打つポイントを後ろに持ってくればいいです


3、おへそ

 腰を回そうと思わずに、おへそを回すことを意識してください
それの方が速く腰が回ります


4、球が切れる

 よく初心者では球にカットがかかる人もいると思いますがその修正は肘の使い方にあります
肘を打つときに上から下に使っている人はカットがかかります
それではどうすればいいかというと肘を後ろから前に使ってください
つまり、引き戸を引くような感じです
それでも直らなければ、ラケットのヘッドを落としてバックスイングしてみてください
これはフォアも同じです

以上のことがバックの基本的なことです
とにかく手投げでたくさん打ってください






勝つためのソフトテニス熊田道場―競技力、指導力がパワーアップ!

勝つためのソフトテニス熊田道場―競技力、指導力がパワーアップ!

  • 作者: 熊田 章甫
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2009/10
  • メディア: 単行本



タグ:バック
posted by Mitch at 07:19 | 岡山 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストローク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
熨斗と水引