2008年06月27日

トップ打ち

トップ打ちをしてみましょう

トップ打ちとはボールがバウンドして一番上で打つということです

上から下にボールを打つというよりも叩きつけてください

ボールを嫌なやつだと思って(笑)

これがそう思って打つといい球が打てるんです!!

上から打つということは攻めるということです

攻めることができないと面白くないですよね

まずは右利きの場合右足から左足に打つときに体重を乗せてください

ラケットが球に当たるのは左足より前で、体から離して打ってください

当たるときに右足が上がって左足一本になってもいいですよ

むしろそれの方が体重がしっかり乗っていいかもしれませんね

左足は真っ直ぐに打つ方向に出すのではなく、やや左斜めの方が腰が回りやすくなります

腰がまわらないといい球が打てませんからね

トップ打ちをしっかりしていると次の技術習得も早まりますからしっかりやってみましょう

その時も球出しは手投げがいいでしょう

下手からネットを挟んで投げてもらいましょう

しっかり叩くんですよ〜〜ビシバシとわーい(嬉しい顔)


これでまたあなたはうまくなりましたね






ソフトテニス強豪校のマル秘練習法、教えます! (B・B MOOK 496 スポーツシリーズ NO. 370 強くなるド)

ソフトテニス強豪校のマル秘練習法、教えます! (B・B MOOK 496 スポーツシリーズ NO. 370 強くなるド)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 単行本


タグ:打ち トップ
posted by Mitch at 09:13 | Comment(0) | ストローク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<% if:blog.bookmark_service %>
<% /if %>
熨斗と水引