2008年06月24日

グリップ

大体ルールを覚えてきたらだんだんと楽しくもなり、勝ちたいと思ってきますよね

まわりにライバルができたりしたらなおさらですよね

そうなってくると基本的なことを教えて行きます

握り方、つまりグリップですけどどうにぎるのか???

ソフトテニスのきほんはウエスタングリップです

つまりラケットを地面に置いてそのまま上から握るのです

しかし、私はそれに加えてプラスアルファをします

中学1年生であるともうアルファベットは覚えている頃です

このアルファベットを使います

人差し指と親指をそれぞれ伸ばすとアルファベットのLになりますよね

そのLの直角の部分をどこに合わせるのかというとグリップの八角形の左斜め上の線のところにいつもぴったりにあわせるようにします

そうするときちんとしたウエスタングリップになります

握るところは一番長いところですよ

一番長いところを握れば手首の稼動範囲が広がり、体の円運動も広がるので勢いのある球が打てます

初心者には1球打つごとに握り方のチェックを行ってください

すぐにずれたりしますから

特に女の子はずれてしまうとなかなか直りません・・・そうすると直すのが大変です

今日はこれくらいにしておきましょう

それではみなさん頑張ってくださいね






勝つためのソフトテニス熊田道場―競技力、指導力がパワーアップ! -
勝つためのソフトテニス熊田道場―競技力、指導力がパワーアップ! -
タグ:グリップ
posted by Mitch at 06:17 | Comment(0) | グリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

熨斗と水引