2021年03月02日

時間があれば

時間があれば

時間で練習を区切るのではなく

練習の量で区切れ!



例えば50球連続でボールが入れば終わりとか


前日は

時間を意識させることを書いたが

ここでは

真逆のことを言っています


練習の区切り方をどうするかです


勉強でも同じです

時間の計画を立てて

何時までこの教科を勉強する

というのが前日の内容です


それに対し

このページまで終わるまで

絶対に終わらない

というのが今日の内容です


どちらも同じ練習、勉強ですが

視点が違いますね


さああなたはどちらを選択するか

自分が伸びて

上手くなればいいのです

早くうまくなる方法

自分に合う方法を早く見つけるべきです


「細かい指導をすれば」

http://06091114.seesaa.net/article/423161388.html




DVDでわかる! ソフトテニス 勝てるダブルス ポイント50 改訂版 (コツがわかる本!) - 小林 幸司
DVDでわかる! ソフトテニス 勝てるダブルス ポイント50 改訂版 (コツがわかる本!) - 小林 幸司 1日1回応援の1クリックをお願いします→にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ
にほんブログ村
posted by Mitch at 16:31 | 岡山 ☁ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
熨斗と水引